人材採用の失敗を回避するために

人材採用で失敗すると大きな痛手に

企業が営業活動や生産活動を行う人材は欠かせないものです。

どの企業でも、働く人がいるからこそ、利益を生み出します。
そして、企業では適正な人材を確保できるかどうかが、今後の成長に大きく関係してくるのです。特に景気が上向いて来ると、たいていの企業では事業拡大を図り採用人数を増やします。

良い人材を確保するため、好条件で求人を募集する企業も多いです。

しかし、場合によっては人材採用に失敗してしまうこともあります。せっかく採用しても、すぐに辞めてしまう人や、研修などで人材育成を図っても、なかなか仕事を覚えてくれないような人もいるのです。

そういった人を採用してしまうと、企業にとっては大きな痛手になります。辞められてしまった場合、新たに欠員募集をするのにもコストがかかるでしょう。

面接の際にどんな人物なのか見抜ければいいですが、それも難しいです。
そこで人材採用の失敗を回避するために適性検査を実施するのが一般的です。適正検査をすれば、面接だけではなかなか見抜けない隠れた適正が見えてくることがあります。

人間には向き不向きがある

適性検査はいくつか種類があります。クレペリンY-G性格検査などが有名です。

多くの大企業や官公庁などでも、人材採用の際に使用されています。クレペリンは事務処理能力や仕事をする上で出やすい癖などを発見するのに役立ちます。Y-G性格検査は、おおよその性格特性を把握するための適性検査です。
いずれも、面接と合わせて採用の際の判断材料として使われます。

企業や職種によって、従事する仕事の内容もさまざまで職場環境も異なるため、当然のことながら向く人と向かない人がいます。人間には向き不向きがあるということを念頭に置いた上で採否を決めることが大切です。
能力が高くても、性格的に向かない仕事というのはたくさんあります。

そして、性格検査の結果をもとに、明らかに職場環境に合わない人材の採用を回避できるでしょう。
職場環境に向かない人を採用した場合には、すぐに辞められてしまう可能性が高く、お互いにとって良くありません。性格検査を実施するのには多少費用がかかりますが、人材採用の失敗を回避できることを考えれば、それほど高くありません。