SNSで人材採用

そもそもSNSとはどんなサービス?

今ではすっかりメジャーになったSNSですが、そもそもSNSにはどのような種類があるのでしょうか。SNSとは、英語で「Social Networking Site」といい、この頭文字をとった呼び方です。

簡単にわかりやすく言えば、人とのつながりを支援するコミュニティ型のウエブサイトのことをいい、ふだんわたしたちが身近によく知っているSNSには、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどがあります。

それぞれに特徴の違いがありますが、プライベートからビジネス、お店の経営などさまざまな目的で活用することができます。
そして、ネット社会と呼ばれるようになった今では、これらのSNSを活用して人材採用を積極的に行う企業が増えているとも聞きます。

企業や事業所がSNSを通じて採用する手法のことをソーシャルリクルーティングと呼ぶこともあります。

今や世界中にフェイスブックなどのSNSが普及しており、プライベート以外にビジネスシーンにおいても活用されるようになりました。

 

企業がSNSを活用するメリットは?

企業の人材採用の分野でも幅広く用いられるようになりましたが、これを活用するメリットはどんなところにあるのでしょうか。

従来は、ハローワークや新聞広告、求人サイトなどで応募者を募り、書類選考・面接・採用といった流れが一般的でした。

ソーシャルリクルーティングが実施されるようになってからは、企業と応募者とを結ぶコミュニケーションサイトとして活用されるようになり、その企業に親近感を持ってもらえるようになりました。

求人サイトや転職支援サイトを経由すると、掲載料や登録費用などのコストがかかりますが、SNSは基本的に法人個人を問わず誰でも無料で利用できるので、大幅なコスト削減につながります。

書類選考や面接を実施するより前に、企業と応募者がコミュニケーションできるのも、SNSならではの魅力ですよね。