経歴の豊富さ

経験の豊富なら即戦力になる

中途採用で人材を募集する際には、経歴をかなり重視して採否を決める企業が多いです。新卒採用と異なり、既に社会に出て働いた経験があるため、社会人としての基礎は備わっているということが前提になります。

その上で、具体的にどんな仕事に従事してきたのかを見て行くというわけです。
履歴書だけでは、企業名と部署名くらいしか記載しないため、あまり詳しく経歴を把握することができません。

経験が豊富そうだと思って採用したら、実際は補助的な仕事にしか従事して来なかったというケースも見られます。
即戦力になると判断して採用を決めた場合には、人材採用に失敗してしまったことになるでしょう。

そういったことを回避するため、応募者に対して、職務経歴書の提出も求めるといいです。
どんな業務に携わって来たのかを詳しく知ることができます。

面接の際にも、これまで携わって来た仕事に関して詳しく質問すれば、どの程度の経験があるのかだいたい把握できるでしょう。適性検査も併せて実施するのが無難です。

性格面も重視して採用を決める

経歴が豊富な人であれば、手厚い研修などを行わなくても、すぐに他の社員と同じように働けるようになります。人によっては、スキルレベルが他の社員よりも高く、かなり活躍してくれるかも知れません。
人材育成にあまりお金をかけられない中小企業にとっては、経歴が豊富でスキルの高い人材はぜひ採用したいものです。

しかし、経歴やスキルを重視するあまり、性格面を軽視してしまうと、人材採用に失敗してしまう可能性が出て来ます。豊富な経歴を持つ人やスキルの高い人というのは、それなりにプライドも高いです。

自分は他の人よりも仕事ができるという思いが強いでしょう。
他の企業も欲しがるような人材であれば、気に入らないことがあったときにすぐに辞められてしまうかも知れません。

そのため、採否を決める際には、適性検査において、ある程度の謙虚さを持ち合わせているかどうかチェックすることが必要です。