人材採用

人材採用の重要性

就職活動や転職活動を行う学生や社会人にとって、採用面接や採用試験というのは緊張やプレッシャーがつきものです。

しかし、採用活動においてプレッシャーを感じるのは、採用面接や採用試験を受けに来る応募者だけではありません。
採用を行う採用担当者、人事担当者にとっても、実は非常にプレッシャーがかかる、責任重大な業務といえるからです。

万が一、企業の風土や職種に合わない人材を採用してしまった場合、教育などに時間がかかるだけでなく、途中でやめてしまったりしたら、それまでの苦労(採用~教育までにかかった時間やお金など)が水の泡になり、企業にとっての損失につながるからです。

 

マッチングを高めるポイント

では、企業の風土や職種にあった人材採用をするには、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。

まず、一つ目は、ターゲットを絞り込むこと、があげられます。
人材不足に嘆く中小企業などの場合に多いのですが、できるだけ多くの応募者を確保したいがために、未経験者歓迎!などとして採用枠を広くすることがあります。

一見、多くの応募者を確保し、有能な人材を集められそうに感じられますが、応募する側にしてみれば「何が求められているのかわからない」ということになるため、案外応募者数は増えませんし、増えたとしても多種多様な人材が集まりすぎて、選考に苦労する可能性があります。

そのため、たとえば事務職であれば「ワード・エクセルの基本操作ができる方」といったスキル面での条件に加え「コツコツ作業するのが好きな方」など、求める人材についてのイメージを具体化し、ある程度ターゲットを絞り込んで募集したほうが、かえって効率よく求める人材に求められる可能性が高まります。

また、二つ目のポイントとしては、求人情報には、求める人物像だけでなく、給与や求める職種などもより詳しく表記するようにすると、応募者が応募しやすくなり、より多くの人材を集めることができます。

このように、採用したい人物像を明確にし、自社の情報をよく知ってもらった上で応募者に応募してもらうことで、よりマッチング性の高い人材採用をすることができるのです。